くじけちゃいかん

為替レートの推移と政治

 

為替レートは様々な要素によって推移します。近年、為替に大きな影響を与えたものに、衆議院解散と総選挙があります。総選挙後に一時的に上昇し、しばらく横ばい状態が続きました。今は、為替レートは円安に推移しているようです。為替レートが上昇を続けてから止まったと聞くと、次は下がるかと思うものですが、そうでもありません。政治が為替レートにどう作用するかは、一筋縄ではいきません。選挙を経て政治の担い手が変わると、国の経済政策や法案づくりなどで、国家の方針が変わることも珍しくありません。政府の方策がどうなるかも、わかりにくくなります。保ち合い局面という言葉がありますが、さざ波のように上がったり、下がったりを繰り返すことで為替レートは小刻みに推移することがあります。それ以外にも、韓国、中国との外交問題や、アメリカ大統領が誰になるか、EUの政策決定なども為替レートの推移に関与してくるものです。どの外国通貨との交換レートを見るかでも情勢は変わります。ドル、ユーロ、ウォンなど通貨は相互に影響し合っています。外国為替との為替レートを知る以上は、相手の国と日本が、政治や輸出入でどんな関係性を持っているかをしることです。外国で起きた出来事が、巡り巡って日本の経済を大きくゆさぶります。最近ではリーマンショックが記憶に新しいところでしょう。日本経済や政治の内容だけでなく、世界的な影響が大きい出来事には何があるかを踏まえて為替レートの推測をしてください。

 

 

脱毛ラボの料金プランを解説します